2018年7月18日水曜日

激写してまいりました。

 本日も元気いっぱい、マツシマさんと一緒にフォトジェニックな一日を過ごしてまいりました〜!作品級の写真を是が非でも撮りたい!とのことで、白谷の原生林を狙って来ました。ちなみに娘さんは縄文杉に行っているとのことで、本日は別行動。思い思いの旅であります。


 と、準備を整え、レッツフォトツアー!マツシマさんは写真歴も長いので僕もあまりちょっかいと出さず、ちらほらお話しする程度。写真に集中いたしました。駐車場はそこそこ人がいたんですが、森の中はほぼほぼ貸切に近い状態でして、写真に燃えました。


 気温そのものは高くはないのですが、歩くとそれなりに汗をかきまくる感じで、マツシマさんもバンダナを巻いて気合の撮影モード!体だけでなく、心も熱くなれたかなと。笑。


 今日は天候も味方してくれまして、晴れもすれば曇りもする感じ。難しさもありますが、フォトジェニックな日にはもってこいの展開でありました。今日は目的地があるわけではなく、良い写真を撮ることが目的なので、時間はたっぷりあります〜!


 圧倒的に歩いている時間よりも、撮っている時間の方が長いんですが、色々と被写体を変えながら、ついでにレンズもあれこれ換えながら、パシャパシャやりました。やはり白谷ってのは屋久島随一のフォトスポットでありますなと。


 写真もいっぱい撮りますが、おしゃべりもいっぱいしました〜!笑。写真談義やらカメラ談義やら、ワイワイと。僕としても写真好き&カメラ好きなマツシマさんと熱いトークをするのが楽しすぎでした。笑。


 一度集中モードに入ると、完全に自分の世界に入り込むマツシマさん。僕もちらほら覗き見させてもらったんですが、かなり良い感じでありました。今日の僕はマツシマさんのサポートに徹する!と決めていたので、アシスタント役もやらせてもらいました。笑。


 と、時間が経つのは早いもんで、13時前ぐらいになってからランチタイム。三本足杉付近で美味しくいただきました。汗をたくさん書いているので、味噌汁がいい感じでありました。


 ちなみに三本足杉付近は沢の隣ということもあり、天然クーラーも!さらには被写体も盛りだくさんなので、お弁当の後も燃えれたなと。


 後半は沢の流れでスローシャッター大会!笑。これまた覗き見させてもらったんですが、カタログやガイドブックに出て来そうな写真もバッチリ撮れておりました。エクセレント〜!


 そんな沢でのスローシャッター大会を終え、そのままアイスコーヒータイム。熱くなった体と心に、染み渡りました〜!笑。帰りがけの道のりも西日が差し込んでくる感じで綺麗だったなぁ。


 そんなこんなでフォトジェニックな1日が終了!天候に恵まれ(雲を含め)、おしゃべりも盛り上がり、ワイワイガヤガヤ楽しすぎる撮影大会でありました。

夏空のてっぺんを頂いてきました。

 一日アップが遅れてしまいましたが、17日は毎年恒例、かれこれ10年来のリピーターである、ヤイヤイ&クニキチと一緒に黒味岳 and moreへ行ってまいりました〜!え〜、相棒のエイリザベスは屋久島には来ているのですが、諸事情により宿にて待機。笑。
 そして、朝から僕が痛恨のミス!出発が40分ほど遅れてしまいました〜!いや〜、久々の痛恨ミス!車を走らせるまではよかったのですが…。

 と、気を取り直して淀川登山口着。連休の余韻すら残っていない感じで、係りの人以外は誰もいませんでしタァ。もちろん歩いてからも、誰一人とも会わず、なんともまったりな森歩きでありました。我らが淀川も貸切。二人ともここへ来るのは4〜5回目?こなれたもんです。笑。


 宿は雲ひとつない天気だったのですが、山の中はちょこっと雲も出ておりました。木漏れ日が差し込んだり、雲がかかったり、気温も16〜7度ほどでして、とっても歩きやすかったです。まぁ、汗はたくさんかくんですけど。


 シャクナゲも花の季節は終わり、新芽の季節です。今年もとっても楽しませてもらったなぁなんて、僕だけ夢想しつつ前進。みんなとの話題も、屋久島の自然科学的な解説はほとんどせず、屋久島の時事問題やらプライベートトークやら…。笑。そんな仲であります。笑。


 高盤岳展望所でもトーフ岩がくっきり〜!夏空に映えるってなんのって!ちなみに過去を振り返ると3年ほど前は屋久島滞在中、全て大雨洪水警報なんて時もあったので、幸せを感じちゃいますなと。笑。


 と、ビュースポットで太陽がギラギラ光ったので、影ができました。すかさず愛のポーズでパシャり。思ったより綺麗に写ってしまいました〜!笑。これまた数年前はクニキチが何度も愛を描こうとしたんですが、全く形にならなかったなぁ。今回はしっかり愛が形になりました。笑。


 そんな感じで、ゆるい森歩きからファイト一発系山登り〜!かよわい手を持つ二人なので、お上品にグローブを装着して、ロープも頑張りました〜!笑。


 でもって、黒味岳山頂付近はお花が何種類も咲き始めております〜!下の写真はシャクナンガンピ。屋久島の固有種です。足元に急に出現するので、いつもハッとしてしまいます。そのほかにもヤクシマカラマツやヒメコナスビやノギランやら、色々咲いています。まぁ、よ〜く足元を見ないとわからないサイズではあるんですが…。笑。


 そんな花紀行を楽しみつつ、頂上に到着〜〜〜!雲がかっこよかっタァ〜!下の写真は宮之浦岳が隠れていますが、本日は奥岳が出たり隠れたりで、スライドショーを見るようなパノラマパラダイスでした。ちなみにクニキチはけっこう前に黒味の頂上に来ているんですが、その時は視界ゼロだったので、パノラマ見れて良かったです。ってことは、ヤイヤイが晴れ女!?笑。


 その後はというと、写真を撮ったり、涼しい風に吹かれたり、ご歓談タイム。珍しく誰一人として、他の登山者はおらず、贅沢極まりないてっぺんでありました。直射日光すぎることもなく、気持ちよかったなぁ。


 と、岩陰にてランチタイム。長めの休憩をしていると、ちょっと寒さも感じるほどでした。里は真夏ですが、山のてっぺんは天然クーラー万歳でありました。食後は二人から美味しい配給も。ごち〜!


 そんな爽快な夏空にて、てっぺんを満喫しつつ、次なる目的地へ。考えてみれば、ヤイヤイもクニキチも本当に登山のレベルが上がったなぁと。黒味岳ぐらいでは疲れの「つ」の字も感じなくなっているほどのレベル!エクセレント〜!


 で、帰り道はちょいと大幅に寄り道して、こちらでもまったりタイム。いい風に吹かれました。気持ちよすぎでした。え〜、最後の方は二人でなにやら熱く語っていたので、僕は後ろから観戦。笑。身も心もほぐれる時間でした。


 その後は一気に淀川まで歩いて、ブレイクタイム。帰り道は宮之浦岳の日帰り組や小屋泊まりの人たちもちろっといました。すかさず逆ナン?するヤイヤイ&クニキチでした。笑。


 というわけで、僕の痛恨のミスでどうなるかと思いましたが、下山予定時間プラス40分にて下山完了!綺麗に時間がスライドしてました。笑。何はともあれ、夏空のてっぺんを大満喫できた一日でありました。

2018年7月15日日曜日

歩ききれました〜!

 本日は昨日に引き続き、シノミヤファミリーのお父さん&トモ君&ナオ君と一緒に、白谷〜太鼓岩へと行ってまいりました〜。え〜、朝からしっかりと昨日の縄文後遺症を体に残し、晴れ渡って爽やかな天気とは対照的に、みんなの顔は「今日はどうなるんだ…。」といった雰囲気満々でありました〜!笑。

 とまぁ、ここまできたのだから歩かずにはいられないってことで、レッツ白谷!早めのスタートだったんですが、連休ということもあり、駐車場はほぼ満車でした。この夏、一発目の混雑日であります。


 で、早朝より今日一日の方向性を決める時が…。ハード系のコースかソフト系のコースかを選ぶわけなんですが、お父さんが選んだコースは…。ズバリ!ハード系!僕的にはちゃんとソフト系もプッシュしたんですが…。笑。というわけで、本日もガッツリ歩きまくりました〜!笑。


 駐車場は満杯でしたが、ハード系のコースは後半になるまでほとんど人ともすれ違わず、快適に歩けました。昨日よりも湿度が高く、汗もいっぱいかきました。拭いても拭いてもどんどん汗が出てきました。トモ君もヘッドバンドの汗を何度絞ったことか…。身体中の水分が入れ替わるぐらい汗が出たのでは…。笑。


 と、休憩タイムの時にお父さんが昨日忘れていた行動食を分配してくれました。輪切りのドライレモンも超絶美味だったのですが、しょっぱい系の行動食を分けてくれたのが「貝柱」〜〜〜!うま〜〜い!僕も長いことガイドをやっていますが、行動食で貝柱を食べたのお初!これが最高でして、予算がつけば(笑)、毎日でも持っていきたい美味しさでした。ごちでした〜!


 と、それなりにハード系のコースを終え、大通りへ。ここからは人も多く、連休の賑やかさも感じながら歩きました。


 苔むす森付近も大盛りあがり〜〜っ!どこで立ち止まればいいのかわからない瞬間もありました。少ししたら空いてきましたが、これぞ連休!笑。混雑していてもこの場にいる人はみんな笑顔で、いい感じでした。


 そんな苔むす森を後にして、我らは太鼓岩を目指しました。いい時間になったので、まずは腹ごしらえで辻の岩屋でランチタイム。だいぶ疲れが見え見えなみんなですが、お父さんは「白谷雲水峡をちょっとナメていたかも…」と。笑。お弁当を食べた後もちょっと体をクールダウンさせるべく、休憩してから後半戦に挑みました。


 ラストの10分もハッスル〜〜!ゆっくりとそれでいて確実な一歩を出し続けました〜!縄文の翌日からの、白谷ハード系コース経由で、このラストの急斜面!かなりこたえたと思うんですが、引き返すことなんかは考えず、歩き続けました!


 そして、太鼓岩に到着〜〜〜っ!パノラマ待っていてくれました〜!途中で、そこそこ雲が出てきたので視界がなくなっているかもしれないと思ったんですが、杞憂に終わりました。


 空も雲も山も夏色でした!歩いて来る価値があるってもんです!風もちろっとあって、爽やかでありました。


 え〜、ここで岩の先端まで行ったのはナオ君とお父さん。トモ君は後方より写真係になっておりました。笑。腰が抜けなくてよかったっす!笑。


 と、それほど太鼓岩では長居することはなく、下山開始。今日の下り道も集中しまくって頑張りました!特に太鼓岩からの急な下りは心にも響いてくるので、ゆっくり慎重に進みました。
なんとか小屋まで戻ってきて、ブレイクタイム。冷たい飲み物で火照った体を癒しました。それにしても、昨日も今日も本当歩き続けて、お疲れ様っす〜!


 そんなこんなで最後も最後で頑張って、無事に下山完了〜〜〜!みんなでハイタッチして、2日間を祝いました!いろんなドラマがあったわけですが、笑顔で完結できて感無量でありました。まぁ、体はだいぶきていると思うんですが…、何はともあれ素晴らしすぎる2日間でありました。

まさに縄文日和っ!

 アップが遅れましたが、13日も元気いっぱい、シノミヤファミリーのお父さん&トモ君&ナオ君と一緒に縄文杉へ行ってまいりました〜!そうです、本日から夏の連休スタート!初日なのでなんてことはないかなぁなんて思っていたら、登山バスは長蛇の列。早めにスタートしてよかったっす。


 と、準備を整えレッツ縄文!歩き始めだけでしたが、なかなかの長蛇の列!連休の風物詩かなと。笑。お父さんが問い合わせの時から「歩くの遅いからね」と言ってくれていたので、我々は混雑だろうがなんだろうが、僕らの速度を守りながら歩きました。


 ちなみにお父さん以外は高いところが苦手!トモ君とナオ君は怖さ120パーセントの太忠橋は真剣勝負に!怖かったとは思うんですが、なんてことはなくクリアできました。


 そして、本日トロッコ道のハイライトでもあるんですが、木漏れビームが炸裂しまくり〜!随所で足を止め、振り返っては写真を撮り、実に美しい朝でした。今日は盛大でした。


 まぶいってなんのって〜!僕的にもここまで木漏れビームが出現することも少ないので、パシャパシャ。早朝の爽やかさも合間って、素敵空間だったなと。


 しつこいようですが、もう一枚。しつこくなりたくなるほどに、綺麗でありました。木漏れビーム最高!少なくとも今シーズンベスト3にランクインするレベルのビーム光線でありました。マブスィ〜〜!


 と、お父さんが予想していたコースタイムよりも格段に早いペースでトロッコ道終了〜!さすが自主トレを積んで来たお父さんでありました。女子トイレが2基壊れていて、女子は大行列だったのですが、僕らヤロー4人はささっと用を足すことができました。連休中のトイレ故障は痛い…。


 と、いざ本番の山道に突入〜!当初から、山道はペースが落ちると宣言していたみんななので、確実な一歩を出しながら、自分たちのペースで着実に前に進みました。決戦の火蓋が切られたわけであります!


 え〜、僕もお父さんが問い合わせをしてきてくれた時からずっと作戦を練っておりました。バスの時間内に、それでいてしっかりと縄文杉と語り合えるように…。ゆっくり歩いて細かい休憩、長時間の休憩は取らず、とにかく歩き続けました。みんなには後から報告だったのですが、この日を成功させるためだと思い、ダラダラせずひたすら前を見ました。


 そんなゆっくりでも休憩少なめ作戦が功を奏し、いい流れで歩を進めることができました。標高が高くなってくるとそれなりに風も涼しくなり、かなり味方になってくれました。


 そ、し、て、念願の縄文杉に到着〜〜〜っ!歓声を上げつつ、ご対面できました〜!諦めることは微塵も考えませんでしたが、この場に立てて感無量!しかも、思ったよりみんな元気でして、素晴らしき瞬間でありました。しばし、ご歓談。笑。デッキの上も爽やかな空気でして、いい時間だったなぁ〜。


 と、そんな感動的な縄文杉を後にして、下山開始。縄文近くでランチタイム。今日は全体の登山者が350人ほどだったようで、お弁当を食べている間に100人ぐらい通り過ぎていったかもしれません。笑。おかげで下山のすれ違いが少なくて、歩きやすかったです。


 え〜、これもメールのやり取りをしている時からの事前情報だったのですが、「下山はもっとゆっくりで!」ということで、下山は下山で集中力を発揮しながらゆっくりと進みました。下山の方が圧倒的に気を使うのが登山!頑張りました。
 で、軽い休憩の時に、朝から気になっていたお父さんのシューズの話題へ。このシューズを見てパッとわかる方はかなりの登山通であります。そう、泣く子もちびる「ゴロー」の登山靴です!しかも、お父さんが履いているのは30年以上も前に作ったもの!すごい!30年履いても、まだまだいける!神がかった靴です。気になる方は調べて見てください。笑。


 そして、本日一番の盛り上がりを見せたのが、帰りのウィルソン株!実は朝は光が強く、ハートの写真が上手く撮れない感じだったんです。だから、ここで20分使うのがもったいなかったので、登りの時は株の中に入らずスルー。帰りに愛を取っておいたというわけです。笑。それでも、軽く10分待ちでなんとか愛を確認することができました。笑。


 そんな感じで、なんとかトロッコ道まで下りてこれました。疲れはどうっすか?という僕の問いに、トモ君は即答で「もう限界!」と…。笑。上半身は元気そうだったので、下りの道のりも体に鞭を打ってもらいました。笑。


 予定よりも順調に進んでいたので、沢によってブレイクタイム。本日一番のまったり癒しタイムとなりました。もちろん夏ですから、水と戯れ、疲労の溜まった足を休ませました。ん〜、気持ち良し!


 この沢ブレイクが功を奏し、一気にみんな元気になれました〜!速度的には変わらずとも、体が軽くなった感じになり、後半の後半でも笑顔が溢れて下りました。笑。


 そんなこんなで無事に下山完了〜っ!なくなると思われていた笑顔もしっかりと残っており、予定よりも30分も早く帰ってこれました〜!ナイス!満身創痍で、全力投球でしたが、燃え尽きることはなく縄文杉にご挨拶してこれました。なんともかんとも素晴らしき一日でありました。