2017年7月22日土曜日

パシャパシャやってまいりました。<文章アップ完了>

 本日は昨日に引き続き、カミくん&テッちゃん&オオノくんと白谷〜太鼓岩まで行ってまいりました〜。縄文後遺症がどうなっているか心配だったのですが、カミくん&オオノくんは余裕の表情。テッちゃんは上半身は元気!まぁ、腰から下は聞かないことに…。笑。テッちゃんも今日は昨日の教訓から荷物を軽量化をしてのぞみました〜。

 と、テクテク歩き始めたわけですが、白谷は最初から写真ポイントが多数なわけでして、歩くよりもパシャパシャ撮りながら歩きました。いわずもがなカメラ小僧4人が集結したら、なかなか前には進めません!笑。


 と、フォトジェニックガイドまでは時間が作れないんですが、写欲を満たすために、撮影タイムも作りつつ、森を楽しみました。良いカメラを持ってきて、写欲が満たせないのはつらすぎるので、最初から制限時間いっぱいいっぱいで写真にも燃えました。


 早速、オオノくんの秘蔵カメラも登場〜!コアな人のみぞ知る「dp0」であります!このサイズでとんでもない写りをするカメラなんです!三脚必須なのですが、三脚を持って歩く労力を上回る写りをしてくれるんだなぁ、これが。


 で、撮影タイムが始まると水を得た魚のように撮りまくる3人!え〜、たぶんボクが声をかけなかったら、この場で3時間以上は遊んでいられるかなと。笑。ほどよいところで切り上げて、前進しました。


 撮影もしたいし、テッちゃんの膝も黄色信号だったので、ライトなコースをチョイスして歩きました。苔のコンディションもよく、緑がまぶしい〜!ゆっくり進みました。


 木漏れ日が入りつつも、強烈な光ではなかったので、良い写真も撮れたんじゃないかなぁ〜。雰囲気ナイスでありました。苔の沢も混雑の合間をぬって、パシャパシャと。沢沿いは涼しくて最高っす。


 で、テッちゃんも昨日の重いカメラから一転、ミラーレスで10分の1以下の重み?で撮影。山歩きは軽量化が味噌だなと。笑。


 と、ボチボチ進んで、苔むす森に到着〜。タイミングよく、混雑を避けることができ(あとからそこそこ人が来ましたが)、ここでも撮影タイム開始〜。良い緑だったなぁ〜。


 と、ここでハプンングが!何かとおさがわせ中なテッちゃんがシータを落としてしまい、探せど探せど出てこない!ボクもポーチやカメラを置き、はいつくばって探しまくりました〜!そこでまさかのコダマ登場!岩の下を手探りで探しまくっていたら、誰かがなくしてしまったコダマちゃんが出てきました。まさかの展開!怪我の功名?捜索開始から20分もしたでしょうか、なんとかシータが見つかりました!よかった…。数万円が森に来てしまうところでした。笑。まぁ、コダマの登場で逆に盛り上がってしまいましたが。笑。


 ハプニングを乗り越えて、ジワジワと急な登りを頑張って、辻の岩屋まで行ってからランチタイムに。今日もまたみそ汁のアミノ酸がおいしかったです!昨日の縄文杉同様に、パワーを注入してから、最後の砦に立ち向かいました。


 ラストの登りもテッちゃん頑張りました〜!カミくんとオオノくんは普通に歩けたので、ちょっと先に行ってから、テッちゃんを待つ感じ。待ち時間はおしゃべりもできました。笑。


 そして、太鼓岩に到着〜〜〜ッ!雲がだいぶでてきていたので、展望はどうかなと思っていたんですが、パノラマが待っていてくれました〜〜〜!爽快!直射日光はなかなか熱かったんですが、たまに風が吹いてくれて気持ちよかったです。すかさず撮影モードに!


 え〜、何かとおさがわせ中なテッちゃんは高所が苦手なので、岩の先へは行かず、安全な所から撮影。今日は軽量化が吉でありました。


 と、しばし太鼓岩に酔いしれてから、時間も時間だったので下山開始。日帰り組がほとんどいなくなった時間帯を歩きました〜。そして、カミくんのカメラがソニーのナイスカメラだったんですが、昨日からあれこれ話題に出てきた人物が登場!世界的写真家のKくんともおしゃべりできました。笑。これまた良い流れだったなと。


 でもって、小屋前にてブレイクタイム。周りには人もおらず、まったりできました。これまた昨日同様に、山炭酸を注入し、ラストの道のりに備えてパワー充電。ユルい時間でありました。


 下れば下るほどに、テッちゃんの膝が赤信号に変わりそうな気配…。今日はダブルストックで膝をサポートしながら、ゆっくり歩きました。西日が美しい帰り道でありました。


 なんとかかんとか、遊歩道まで下りてきて、これまた昨日同様に凱旋してきた戦士のようなテッちゃん!熱いものを感じちゃいました。本当にがんばった!


 というわけで、だいぶ押し気味の時間にはなりつつも、下山完了!いっぱい撮って、いっぱい盛り上がって、楽し過ぎる森歩きでありました。何はともあれ、リタイアすることなく頑張った〜!ヤロー4人でワイワイ楽しい2日間でありました。

2017年7月21日金曜日

ヤロー4人で熱く登ってきました!<文章アップ完了>

 一日アップが遅れてしまいましたが、21日はカミくん&テッちゃん&オオノくんと一緒に縄文杉へと行ってまいりました〜!ボクを含めてヤロー4人!朝からワイワイしてました。笑。登山口まではスムースに来たのですが、そこで登場したのがテッちゃんのゴープロ〜!しかもジンバルの土台です。バス乗り場でオオノくんのデジイチを見て「いいね〜」と声をかけたら、オオノくんが「この二人はこれ以上の装備なんです…」と…。笑。ちなみにテッちゃんはゴープロ2台に、シータ、D4、iPhone7プラスという最先端装備だったのであります〜!登山口からシャキ〜ンって感じでありました。


 そんな感じでボクを含めて、カメラ小僧4人でテクテクとスタート。まぁ、カメラ小僧が集まったら、順調とは言えないペースになるわけでして(笑)、スポットで撮影しつつ、屋久島トークしつつ、ワイワイ歩きました。


 でもって、この道中の定番ポーズともなったテッちゃんのイナバウアーっ!まぁ、半分は荷物の重さもあるかもしれませんが(笑)、ゴープロのジンバルで撮影中のテッちゃんです。笑。あえて自分に重荷をかしているわけではありません。笑。


 と、序盤戦のトロッコ道終了。オオノくんが地元のお菓子を分配してくれました〜!水分を奪われる感じが美味しかった〜。ゴチっ。いざ、本番の山道に向け、準備を整えました。


 みんなアウトドア経験者だけに、山道も普通に登れるかなと思いつつ、最初の急斜面でテッちゃんの荷物が重〜〜い!笑。フルスペック装備が裏目に…。多少のペースダウンはあるものの、情熱的にがんばりましたぁ。


 そんな感じでテクテク歩きつつ、ウィルソン株に到着。テッちゃんもお疲れモードになりつつも、しっかりと愛を確認。ヤロー4人で愛を語り合いました(?)。笑。株の中に光が差し込みイイ感じでした。今日は山だけ雨が降るかなぁと思っていたのですが、結局朝にちょっと降っただけで、なんてことはなかったです。


 そして、本日一番の急斜面!オオノくん&カミくんは余裕のある歩き!もちろんテッちゃんは荷物が重〜い!笑。良い汗かいてがんばりました〜。歩いている時はひん死の状態なんですが、写真を撮る時は笑顔100%!男を見せてくれましたぁ。


 とりあえず、お昼の時間になり、風通しの良い所でランチタイムに。そこそこ気温も高かったので、風が本当に気持ちよかったです。汗もかきまくっていたので、みそ汁の塩分が五臓六腑にしみ込みました。アミノ酸注入といったところだなと。


 そして、ランチにてパワーを充電してから、最後の最後もがんばって、縄文杉に到着〜〜〜!みんなで歓声をあげつつ、ご対面できました。日差しが差し込んで、夏の縄文杉が待っていてくれました。


 そして、テッちゃんの本気カメラもここで登場!レンズとカメラで2キロ以上あるだけに、なかなか登場しませんでしたが、縄文杉を激写できてよかった…。笑。


 と、しばし撮影タイムが始まったわけですが、なんとオオノくんも秘蔵カメラがリュックから!三脚がないとキツいカメラなんですが、これまた良い写りだったなぁ。今日はカミくん2台、オオノくん2台、テッちゃん4台、ボク1台って感じでなかなかのカメラ小僧軍団でありました。笑。


 そんな楽しい縄文撮影会を終え、レッツ下山。いつのまにか最後尾付近を歩くことになりつつも、集中して歩きました。その代わり、帰りのウィルソン株の中はほぼ貸切状態になり、第2回撮影会開始に。道中でも随所で活躍していたテッちゃんのシータも登場。ここでシータ撮影したのはボクも初めて!どんな写りになっているかなぁ〜。


 んでもって、しどろもどろしつつも、なんとかトロッコ道まで下りて来れました。カミくんもジワジワと膝にヒビが入りそうになりつつ、テッちゃんは満身創痍な状態!オオノくんは慣れていることもあって、まだまだ余裕ありな雰囲気でした。3時のオヤツのタイムになっていたので、そのまま山炭酸を注入し、しばし休憩。ここもまた夏の涼風が心地よかったです。


 でもって、かなり時間も押し迫っていたこともあり、トロッコ道は問答無用に歩きまくりました〜〜〜!縄文から一番大きなカメラをボクが持ち、少し軽量化したテッちゃん。だいぶ体力を奪われていたので、最後は荷物を全部ボクが持ち、ラストの道のりへ。体力を消耗しまくりましたが、登山口付近では凱旋した戦士のようなテッちゃん…。笑。


 そんなこんなで下山完了〜〜〜!登山バスにも間に合いました!笑。凱旋した時の記念撮影では、本日一番の力を振り絞ってガッツポーズ。テッちゃん、がんばった〜!笑。ある意味、感動のフィナーレって感じでありました。想定外にドラマチックな展開になりましたが、テッちゃんは疲れたと思うけど(笑)、天気にも恵まれて楽しい一日でありました。

自分たちの足で行ってこれました!(文章アップ完了)

 本日も元気いっぱい、マツオカファミリーと一緒に白谷〜太鼓岩まで行ってまいりました〜!何を隠そう、今日は3世代での森歩き!パパ&ママにおばあちゃん、そして、5歳&3歳のカホちゃん&カナちゃんと一緒に歩いてまいりました〜!実は前日がまさかの雷雨で大荒れ…。ボクもスケジュール調整をして、本日という流れだったのであります。旅は波乱がつきものでありますなと。それ故に楽しいのでありますが。

 と、ちょいと夜もドタバタでブログの更新が遅れてしまいましたが、カホちゃん&カナちゃん、かわいすぎる〜〜〜ッ!お揃いのモンベルティシャツにパンツ。トレッキングシューズもバッチリ〜!ちなみにカホちゃんのリュックはノースなので、アウトドアガール!笑。カナちゃんの帽子はアナ雪仕様でして、3歳児らしいセレクト。ボクに自慢してくれました!笑。


 そんな可愛い二人を引率しつつ、白谷の森を歩きました〜。3世代登山ってのはなかなか難しいのでありますが、みんなテンション高めで登りました。おばあちゃんの荷物が重かったので、バトンタッチして順調に歩を進めることができました(途中までボク、途中からママ)。


 で、ボクも二児の娘の父ということもあり、なんだか楽しい歩きに。まぁ、子どもたちのペースなんでありますが、半分以上は手をつないで歩きました。カホちゃんとカナちゃんと交互に入れ替わり、ウキウキで登りました。二人とも「だっこ!」とは言わず、しっかりと自分たちの足で白谷を歩けましたぁ。


 そんなウキウキの道中なんですが、突如雷雨がッ!!10分ほどでしょうか、なかなか良い雨が降ってきてくれました。これもまたよき想い出かな?ほてった身体に気持ちよい雨でありました。すかさず上だけレインウェアを装着。少ししたらまた止んだので、ちょうど良い雨だったかなと。


 そんな感じでテクテク進んでいると、数年前に名前のついた切り株「シカの宿」でウロチョロしていたら…。なんと鹿が宿で雨宿りしておりました〜。この写真だとわかりにくいんですが、よく見るといます。


 中心を切り抜いてみました。メス鹿ちゃんがこちらを向いておりま〜す。シカが減っている白谷だけに、カホちゃんとカナちゃんに会いたかったのかな?笑。楽しいひとときでした。


 雨も降っていたので白谷小屋でランチタイムに。小屋の中がまた秘密基地っぽい暗さでして、二人ともご機嫌でありました。そんなランチ後は今度は霧の森に変貌…。ん〜、ナイスな雰囲気!そんな森にカホちゃんがポツリ。いい風景だなぁ〜。


 でもって、時間を見るとそこそこの時間になっていたんですが、カホちゃんもカナちゃんもまだまだ元気で「早く行こうよ〜」と連呼するので、このまま太鼓岩を目指すことに!


 しばらく歩いて行くと雨も止んできたので、上を目指しているとまたもシカちゃんが登場〜!1日に2度も会えるなんて!二人ともラッキーだなぁ。そして、シカに釘付けの二人が可愛いっす。笑。


 そんなシカちゃんも応援してくれて、最後の登りに突入〜!カホちゃんはお父さんと一緒に、カナちゃんはボクと一緒にガッツリ登りました〜!ボクはできるだけキツい坂は「放置」する派でして(笑)、カナちゃんの気合いの入った登りを見せてもらいました〜!自分の胸の高さもある段差をひょいひょい。さすがに危ないなと思う所は抱っこしましたが、良い歩きしてました。大人が胸の高さの段差を登るのは至難の業ですが、二人とも頑張ったなぁ〜。


 そんな激しい登りをがんばって、歓声をあげつつ、太鼓岩到着〜〜〜!しかも、全部丸見え〜〜〜!さっきの雨はナンだったのかというパノラマが広がっておりました。最初は太鼓岩まで行けないかもと思いつつ、パパと「行ける所まで行きましょう!」と話していたんですが、見事にやってくれました〜!おばあちゃんもちょいと大変そうでしたが、この景色で疲れも吹っ飛んだかなと。


 まぁ、ママは高所がちょいと苦手でできるだけ岩の先へは行かず、景色を楽しみました。笑。ばっちりみんなで記念撮影も完了〜!3世代登山大成功でした。


 と、時間も時間だったので、帰り道は集中しまくってがんばりました〜。さすがに段差が凄い所はカナちゃんをダッコしたんですが、なんとカホちゃんは100%自分の足で歩きました〜!パパと手をつないでいつつも、しっかりと自分の足だったんです!ほんの少し弱気になる所もありましたが、本当にがんばりました!ナイス!ひとつ、大人の階段を登れたかな?笑。白谷小屋まで下りてきてから、ご褒美にオヤツタイムとなりました。


 そんなまったりオヤツタイムの後は、カナちゃんがボクらを引っ張ってくれました。力強い歩きだったなと。まぁ、いつのまにか可愛いリュックサックはパパのリュックの中でしたが…。笑。3歳児だけにいつ眠くなるかなぁと思ったんですが、最後までハイテンションでありました。


 そして、感動のフィナーレに!カホちゃんは完歩!カナちゃんはおしっこに行きたくて、これまたがんばりました!笑。


 というわけで、一日予定を変更し、どうなるかと思われたわけですが、しっかりとみんな笑顔で帰って来れました!素晴らしい〜!カナちゃんは車に乗り込むこと数分で深い眠りの中に…。カホちゃんはアイスというご褒美のためにテンション高めで車でおしゃべりしてました。何はともあれ、素晴らしき展開だったなと。ちょいと子ども中心のブログになってしまいましたが、それぐらい二人が輝いていた一日でありました。

2017年7月19日水曜日

ジャストで帰って来れました!

 本日も元気いっぱい、ボクが10年近く前にガイドしたヨ〜コちゃんのご両親であるコウイチさん&ジュンコさんと一緒に縄文杉に行ってまいりました。美屋久の輪って感じでの出会いでありました。朝からワイワイしつつ、実によく晴れておりまして、登山バスから見えた朝焼けがお美しかったです。バス内でもちょいと歓声がわきおこるほどでした。車内からの一枚です。ん〜、トワイライトッ!


 そんな流れで、登山口に到着。なんだか本日はみんなの出発が遅い感じでして、ほぼ先頭にてレッツ縄文ッ!朝陽を右手にトロッコ道を歩き始めました。ちなみに前日は白谷へ行ってきたということでしたが、平らな道は後遺症もほぼなく、快調な滑り出し。小鳥のさえずりを聞きながら、理想的な朝でした。


 と、ヨーコちゃんトークをしたり(笑)、屋久島トークをしたりテクテク進みました。二人とも年齢を全く感じさせない歩きでして、快調そのもの。すると、突如トロッコ道に小動物の影が…。コイタチくんでした〜。初めはボクらの存在に気づかなかったのですが、気づいた途端に消えて行きました。ちなみに屋久島でイタチに会うと翌日は大雨というジンクスがありますが、明日はどうなるかな?


 コイタチに会うのもかなりレアなんですが、ズアカアオバトにも遭遇し、なんだかレアずくしな感じ!その代わり定番の猿&鹿は出てこず。こんなこともあるんだなと。そうこうしているうちに、いつのまにかトロッコ道終了!ここからはストック片手にレッツ山道!


 さすがに登りになると前日の後遺症がちょいとある感じだったのですが、二人の健脚ぶりは変わらず、爽やかな森歩き。ほぼ先頭グループだったこともあって、静かな森でした。ウィルソン株もガラガラでして、しっかりと愛を確認することができました!やっぱ愛だなと。笑。


 愛の撮影会も完了し、本日一番の急斜面に。雲ひとつない天気だったのですが、風は涼しくてしっかりと足もあがっていました〜!梅雨明け直後の高気圧は快適っす。もちろんコウイチさんとジュンコさんが「高気圧男」で「高気圧女」であることは間違いありません!笑。


 そんな登りもワイワイとクリアして、テクテクと縄文杉を目指したわけなんですが、ここでもまた珍客が!絶賛大合唱中のヒメハルゼミも登場したあとに、ヤクシマエゾゼミまで登場!相変わらず、定番の鹿ちゃん&猿くんは出てこないんですが、珍客多数でありました。裏を返せば、コウイチさんとジュンコさんが珍客だったということか!?笑。写真はヤクシマエゾゼミを手なずけるコウイチさんです。


 珍客もあり、道草をたくさん食いながらも、速度が落ちることなくグイグイ進むことができました。通称:子宝杉で屋久杉と戯れるお二人…。とりあえず、「もう子宝はいい」とのことです。笑。


 そして、念願の縄文杉に到着〜〜〜ッ!高気圧縄文杉が待っていてくれました〜っ!もちろんこと、ぼろぼろになることなく笑顔でご対面。空気も爽やかで、快適でありました。
 

 デッキの上もガラガラでして、しばしまったりタイム。ん〜、なんとも贅沢。朝から良いスタートが切れ、その流れのままにたどり着くことができました。正直な所、ボクが想定していた到着時間よりも1時間も早く到着したわけでして、良い意味で想定外の展開。素晴らしかったです。


 しばし、デッキの上でまったりしつつ、お腹も減ったので下山開始。連休直後で帰り道も混雑とは無縁。すれ違うガイド達と「今日は平和だね〜」と繰り返しておりました。写真はランチ後に登場したコウイチさんの気付け薬!男の登山であります!笑。


 まったりしたランチを終え、下山も順調でした。帰り道もウィルソン株で二度目の愛を確認。さらなる愛を語れるお二人になったのではないかと…。笑。


 そんな良い流れが続き、トロッコ道もサクサク歩けました。それなりに疲れも出ているとは思うんですが、全くそれを感じさせないお二人でした。


 でもって、少し雲が出ててきたんですが、相変わらず日差しは出ていたので、沢に寄ってブレイクタイム。水と戯れることができました。リフレッシュ!同じ宿のカップルも誘い込んで、なんとも良い時間でありました。夏の沢はたまりません!


 ブレイク後もお二人の勢いは止まることなく、サクサク進めました。いや〜、ボクもコウイチさんとジュンコさんのような夫婦になりたいなぁ。元気いっぱい縄文杉に行けるように、これから嫁さんを鍛えなくてはなと。笑。


 というわけで、無事に下山完了!iPhoneの時計を見たら、スタートからジャスト10時間!途中でまったりした時間もありましたが、完璧な見本となる歩きでありました。コウイチさんは「9時間で戻って来る予定だったんだけどなぁ〜」と余裕の一言!素晴らしかったなと。珍客にも天気にも恵まれて、ワンダフルな一日でありました。