2017年9月25日月曜日

結果的に最高でした〜!<文章アップ完了>

 本日も元気いっぱい、振り返ってみればもう8年ものお付き合いになるノグちゃんと妻のマリエちゃんと一緒にNO YAKUSHIMA NO LIFEしてまいりました〜。ノグちゃんレベルになると一年ぶりでも久しぶり感はそんなにありません。笑。
 と、車を走らせ淀川登山口へ。なんと今日は雨予報もあってなのか、車が3台のみ!笑。なんともガラガラな登山口でした。最初から最後までほとんど貸切な感じでありました。平和な朝でした。


 と、登山口で天気を要チェックしてから、スタート〜。お昼ぐらいからなかなか良い雨が降りそうな雰囲気。まぁ、これまたノグちゃんレベルになると「なんとかなるっしょ」的なオーラでして(笑)、マリエちゃんも「初めての大雨になるかも!」と変にテンション高め…。笑。テクテク歩きました。昨日から弱い雨が続いているので、森の中が潤い満点!素晴らしき雰囲気でありました。


 苔もフワフワ。昨年、マリエちゃんが白谷を歩いた時は乾きまくっていたらしいのですが、今回の森は水々しい苔たち。ついつい手が伸びます。笑。


 テクテク歩いて、淀川に到着。今日も安定の美しさを醸し出しておりました。雨も降っていなかったので、まったり休憩。マリエちゃんも初淀川でして、目をキラキラさせておりました。帰りは大雨になっているかもしれないと思い、ちょいと長居しちゃいました。


 と、淀川で癒やされつつ、テクテク歩きました。森の潤いも手伝ってくれ、写真を撮ったり、おしゃべりしたり、ユルいトレッキングでありました。道草に寄り道を上塗りしたような歩きだったなと。笑。楽しいっす。


 と、雲は厚くなったり、薄くなったりしていたのですが、ボクらが高盤岳展望所に着いた時に奇跡が!初めは真っ白だったんですが、その数十秒後にどんどんトーフ岩が姿を現したのです!絶妙だったなぁ〜。


 上を見れば、まさかの青空!天気予報とは裏腹に雲がどんどんなくなっていきました。俄然テンションもあがりますなと。


 歩き初めの時は全く期待していなかったのですが、展望所では黒味岳までクッキリドッキリ〜!まさかのパノラマが広がっておりました。数分したら、雲の中に消えていったのですが、このパノラマが見えるのとの見えないのでは、今日という日の満足度がかなり変わっていたのではないかと思います。


 でもって、展望所付近のシャクナゲに蕾がしっかりと付き始めております!そこそこ数がついているので、来年も楽しめそうです!10月下旬ぐらいまでは様子見ですなと。来年はどうなるかなぁ〜。


 んでもって、テクテク歩いて花之江河到着!もちろん貸切状態でして、ナイスでありました。黒味も見えて、雨の気配もなし!優雅な時間でありました。


 と、雲は増えてきたものの、霧雨な感じありました。大きな岩で遊んでランチタイムに。これまた優雅な時間でありました。風もない場所だったので、思わず長居しちゃいました。ちなみに二人とも3連チャンの森歩き!それほど長い距離を歩いたわけではないのですが、元気でありました。マリエちゃんも昨年歩きまくった縄文杉の時よりも、ジムの効果もあってか、まだまだ歩けそうな雰囲気でありました。ナイス〜。


 と、遊ぶだけ遊んでから下山したわけですが、森が濃霧に包まれる展開に…。最高っす…。ノグちゃんカメラマンも写欲をそそられる感じでして、ちょっと歩いてはパシャリ、立ち止まってはパシャリ。朝と同様に、道草&寄り道しまくりでした。


 それにしても、良い雰囲気だったなぁ〜。ハリギリの大木の前で一枚。森にたたずむ美女が一人…。え〜、自然とこんな良い絵が撮れたわけではなく、ボクが要望してポーズを取ってもらいました。笑。


 と、道草と戯れつつも、淀川に戻ってきました。小雨が降っていて、朝とは違ってまた良い雰囲気に…。何度来ても、いつきてもいいもんだなぁ〜。水面の水玉模様がキレイでありました。橋を屋根にして、本日2度目の珈琲タイムに。幸せでした。


 最後の最後も寄り道しつつ、無事に下山完了〜!まったり歩いて、森に酔いしれて、最高でした。結果的に大雨になることもなく、新調したノグちゃんのレインウェアは登場しませんでした〜!笑。まぁ、次回にとっておくことにいたしましょう。笑。


 というわけで、朝の天気予報とは裏腹に、快適にそれでいて美しき森歩きができました!登山口付近で天気図をチェックしたら、秋雨前線が予報よりも南下したようで小雨で落ち着いたようです。なにはともあれ、これぞ屋久島な森歩きができ、素晴らしき一日でありました!

楽しく行ってまいりました〜。

 24日も元気いっぱい、マサくん、マッツン、ショウちゃん&リュウちゃん&ヨヨちゃんと一緒に縄文杉へ行ってまいりました〜!ちなみにショウちゃん&リュウちゃん&ヨヨちゃんはニーハオ!って感じで中国から屋久島へ!もう日本に来て3年半ほど立つのでボクよりも日本語が上手です!笑。
 一応、祭日関連の最終日という流れなのか、朝からバス乗り場はなかなかの盛り上がり。仲良しガイドたちと、「今日は意外と(登山者が)多いねぇ〜」なんて話もしちゃうぐらいでした。


 と、臨時便もすぐに出てスムースに登山口へ。レッツ縄文となりました。スタートはちろっと雨が降っており、レインウェアを着ていたのですが、歩いて30分もすると身体が燃えてきたのですぐ脱ぎました。笑。今日の雨は降ったり止んだり。レインウェアも着たり脱いだりでありました。


 で、小杉谷休憩所で休憩&朝ご飯を頂いたのですが、マサくんのティシャツがボクの目に飛び込んできました〜!笑。え〜、解説をしておくとマサくんが整体師なのではなく、先輩のお店のティシャツとのことです。ついつい心を奪われたのでパシャリ。笑。
 

 とまぁ、みんな初めての屋久島だったので、屋久島トークもあれこれしながらテクテク歩きました。歩けば歩くほどにテンションが上がっていったような…。若干、マッツンだけが前日の白谷の疲れをちょっと引きづりつつも、良いペースで歩くことができました。


 歩いている時は混雑する感じは全くなかったのですが、トイレはそこそこ並んでおりました。やっぱり縄文杉コースはそれなりに人がいるのが賑やかでいいなと。混雑し過ぎは問題ですが、このくらいは全く問題なし!


 そして、身仕度を整え、レッツ山道〜ッ!ワイワイ登りました〜!みんな気合いも入っており、ナイスな歩きでグイグイ登れました。


 と、ウィルソン株に到着したのですが、なかなかの混雑っぷり。たぶん株の中に入るのは20分はかかるなと思われたので、ウィルソンのおしゃべりだけして、株の中は帰りに入ることにしました。ある意味、ガイドとしても「賭け」なんではありますが、うまくいきました!


 と、その後の急斜面はみんな若さをブイブイ言わせて、クリア!弱音を吐く者は一人もいませんでした!まぁ、それなりに疲れたとは思うのですが…。笑。ちょいとお腹が減ってきていたのですが、お弁当を食べるスポットも混雑していたので、とりあえず前に進むことに。すると、お弁当スポットで雨が降ってきたので、さらに歩いちゃいました〜!笑。夫婦杉付近からは小雨&霧の森に。縄文杉に吸い込まれるような感じで進むことができました。


 そして、弁当も食べずに一気に縄文杉に到着〜〜〜ッ!みんなで歓声をあげつつ、ご対面。霧の中にたたずむ縄文杉が神がかっておりました。だいぶ疲れがたまってきていたマッツンも「歩いて来れてよかった〜!」と疲れも吹っ飛んだかなと。縄文杉からパワーを頂くことができました。


 トイレもお弁当スポットも混雑していたんですが、お弁当を食べずに来たので、縄文杉は全く混雑感なく、ゆっくりできました。上のデッキへ行くと、濃いめの霧になり、さらにかっこよかったです。たまに霧が抜ける時もあり、演出がナイスでした。


 と、だいぶお腹も減っていたので、屋根のある所まで歩いてからお弁当!ようやくありつけました。笑。お味噌汁が身にしみました。雨に濡れたので、けっこう寒かったです。さすが標高1300m!
 で、もう一度縄文杉にご挨拶してから帰ろうとしたんですが、マサくんが本日2度目のティシャツ撮影!笑。表面はソフト整体師なんですが、バックプリントは「人生一度きり」!身体は寒いのですが、熱いティシャツです…。笑。


 そして、怪しい人物が登場〜っ!ヨヨちゃんのポンチョがなんだか怪しい雰囲気を出しておりました。笑。みんなの笑顔を引き出してくれました。笑。


 でもって、縄文杉にお別れを告げてから、下山開始。一気にウィルソン株までおりました。朝ほどの混雑はなく、スムースに愛を確認できました。マッツンはだいぶ足にきていたので、ボクが愛の撮影を手助け。笑。みんなも愛を激写できておりました。


 とまぁ、その後のトロッコ道は順調に歩を進めることができました。おしゃべりしたり、道草を食ったりと、帰りは帰りでワイワイ歩けました。昼過ぎから強く降りそうだった雨も強くはならず、良いペースでした。


 で、一気に小杉谷休憩所まで歩いて、ブレイクタイム〜!雨もあって、長めの休憩はお弁当の時とこのブレイクタイムぐらい。みんなで珈琲をたしなみ、ほっと一息つけました。幸せタイムだったなと。仲良しガイドも周りにいて、みんなを巻き込んでワイワイ。旅は道連れ、世は情けな雰囲気でありました。笑。


 そんなこんなで、最後もがんばって、無事に下山完了〜!バスにもギリギリ乗り込むことができました。タイミングがよかったです。雨にも負けず、朝からワイワイガヤガヤ、楽しすぎる縄文杉登山でありました。

2017年9月23日土曜日

まさかのパノラマ!

 ちょいアップが遅れましたが、昨日はサッちゃん&アスカちゃん、キョウコさんと一緒に白谷〜太鼓岩へと行ってまいりました〜!え〜、結果的には行ってきたのですが、昨夜からなかなかの豪雨!前日の打ち合わせからして、「白谷は歩かないかもしれない…」と伝えつつ、朝を迎えました。早朝も雷がドンパチして、集中豪雨!不安いっぱいで白谷へ向いました。

 朝には前線が通過すると予想して、ちょいと遅めの出発に。これが功を奏しまして、身仕度を整えて歩き始める頃には雨が止んでいたのです!土砂降りを覚悟していただけに、みんなも一気にテンション上昇!笑。川の増水もそれほどでもなく、水も透き通っておりました。


 と、ボク的にもここまで急展開に晴れてしまっていいのかなぁと思うぐらいに晴れていき、雨上がりの森歩きが始まりました〜。そうです、豪雨後の森ってのは極上でありまして、昨夜の不安をすべてぬぐい去る最高のコンディション!


 太陽の光も森に差し込んできつつ、この潤い!歩けるかどうかすらギリギリの状況だっただけに、みんなのテンションもアゲアゲでありました〜!素晴らしい…。


 昨夜からの雨で心配だった沢も全く問題ないレベルで渡れました。余裕〜!笑。水量豊富な感じで、奥の方は光も差し込み、苔の沢がなんとも美しかったなぁ〜。エクセレント〜!


 苔むす森付近もまた潤い満点!雨上がりのキラッキラした雰囲気がすんばらしかったです。最初から写真を撮りまくりなみんなでしたが、苔むす森でも連射に近い感じでいっぱい撮ってました。笑。ん〜、よかった!


 と、ちょうど峠に着く頃にお昼タイム。一気に太鼓岩に登っても良かったのですが、サッちゃんのお腹が0%に近い状態だったので、まずはランチタイムに。雨は降っていませんが、岩屋の下でおいしく頂きました〜。まさか、こんな平和なランチタイムが待っていたなんて…。昨夜の状況からは想像すらできませんでした。笑。


 んでもって、ランチ後に急斜面を頑張って、太鼓岩へ!ひゃっほ〜!青空が待っていてくれたんです〜〜〜!まさか、まさかのパノラマでありました。みんなの晴れ女っぷりが発揮されたなと。笑。


 宮之浦岳は雲の中でしたが、絶好調な絶景〜ッ!もう言葉なんていりません…。しかも風が最高に気持ちよくて、身体の中の悪いもんが全て吹っ飛んでいく感じで爽快。こんなにうまくいきすぎてイイのかと思うほどでありました。笑。


 と、ちょいと遅めの出発をしたのもあって、良い時間帯になっていたので、下山開始。若干、アスカちゃんがつまずく回数が多くなりつつも(笑)、コケることなく、順調に下りて来れました。それにしても、今日の苔たちは普段以上にフワフワしていてナイスでした。


 小屋まで下りてきてから、ブレイクタイム。木漏れ日差し込む空間で、まったりできました。繰り返しになりますが、本当に朝の状況からは想像できない快適空間。こんなに急展開する日もなかなかないわけでして、みんなの笑顔は極上レベルだったなと。ドラマチックな展開でありました。


 と、帰りも帰りでテクテクと気持ちよい森歩き。最後にはヒキガエルくんが登場してくれました〜。小さいサイズでしたが、元気いっぱいの可愛い子でした。


 というわけで、まさかの展開にて太鼓岩まで行ってこれました〜!雨に心配させられ、雨のおかげで最高の森を歩き、まさかのパノラマ…。そんな天気の演出もあって、なんとも素晴らしすぎる一日でありました!

潤いまくりの森を歩いてきました。

 ちょいとアップが遅れてしまいましたが、前日に引き続き、アニーとサッちゃんと一緒に白谷〜太鼓岩へと行ってまいりました〜。本日は朝から雨だったんですが、昼過ぎからなかなかの雨が降りそうな気配。ちょっとスタートを早めつつ、車の中でレインウェアを装着。準備完了で歩き始めました。


 まだ雨はそれほどでもなく、潤いのある森がお出迎えしてくれました〜。昨日も縄文でどんどんテンションが上がっていくアニー&さっちゃんでしたが、雨の不安をよそにテンション高めな二人でありました。笑。


 で、午後からはきっとまわれないだろうなぁと思い、まずはハード系の奉行杉コースへ。いや〜、もうこれが最高でして、潤っている上に、モヤッとした神秘的な雰囲気…。これぞ屋久島の森って感じの雰囲気でした。これだから雨の森は止められない…。


 え〜、二人とも若干の縄文杉後遺症を身体に感じつつも、まったく問題なく歩けました〜!笑。身体の疲れはあると思うんですが、歩くにつれ笑顔は加速していきました。


 と、奉行杉コースを終え、小屋に到着。ちょい早めではあったのですが、さっちゃんのお腹も減っていたので、屋根のある所でランチタイム。弱い雨を感じながらお弁当をいただきました。ちなみに小屋の温度計は18度。涼しくて気持ちよいっす。歩いているとちょいと汗をかく感じです。


 ランチ後に苔むす森へ。小雨だけに濃厚な緑が待っていてくれました〜。やっぱり雨が似合うなぁ、この森は。全体の登山者も少なくて、ほぼ貸切状態。緑に酔いしれました〜。呆然と立ち尽くすアニーとサッちゃん。疲れきっているわけではありません。笑。緑に酔ってます。笑。


 そして、きっと視界は開けてないと思いつつ、最後の急斜面をがんばって、太鼓岩を目指しました〜!


 んでもって、太鼓岩に到着!真っ白〜〜〜〜ッ!え〜、視界はゼロなんですが、これはこれで気持ちよし!笑。ちょうど雨も止んでいて、しばしご歓談。少しは風があったので、雲が抜けないかなぁと待ってみたんですが、真っ白でありました。今日は森を満喫しろってことですなと。笑。


 そんな真っ白な太鼓岩を後にして、下山開始。こうなってくると、帰り道は濃厚な霧の世界を歩く感じになりました〜。今日はこの霧がかった雰囲気がなんとも美しかったなぁ〜。


 帰り道はパラパラと雨も降ってきつつ、雰囲気良し。苔むす森付近も薄くモヤ〜っとしており、濃厚でありました。またも立ち尽くす二人…。笑。特にサッちゃんは魂を抜かれるほどに(?)、見入っておりました。それほどまでに良い緑だったなぁ。


 ジワジワと雨も強くなってきつつ、帰りの道を歩きました。苔たちが…。朝以上に元気になっていくのがよくわかりました。フワフワしているし、雫ちゃんもたわわに実らせ、


 そんな雨が強くなりつつも、元気に登場してくれたのが、ヒキガエルくん!ボルダリングなみに壁を登っておりました。笑。


 そんなこんなで無事に下山完了〜!雨は強くなってきていたのですが、豪雨にはならず、潤いまくりの森歩きができました。あわよくば、この濃厚な緑の世界にもう少し滞在したかったけれど、もののけではなく人間なので帰ってきました。笑。


 初日の晴れ縄文、続いて潤いまくりの白谷と、理想的な流れで2日間完了!まぁ、太鼓岩の景色はお預けですが、ワイワイ楽しく歩くことができました。内容濃いめの笑顔が止まらぬ2日間でありました。