2018年4月18日水曜日

贅沢な一日を過ごしてまいりました。

 文章アップが遅れてしまいましたが、昨日(18日)は、数年ぶり来島のツツミさんと一緒に天文の森へと行ってまいりました〜。え〜、すでにツツミさんはツツミさんでなくなっているんですが、ツツミさんということで。笑。この数年で人生も生活もあれこれあったツツミさん!そんな人生談義をしつつ、レッツヤクスギランド〜!安房線の道路沿いを彩る新緑が素晴らしいです。下の方はだいぶ落ち着いてきましたが、まだまだモコモコ新緑続いてます。道路脇に車を止めて、景色を楽しみました。


 と、メールのやり取りで最初は縄文も狙おうと企てていたんですが、あれこれあってまったり楽しめる天文の森をチョイス。これが大正解といいましょうか、前日の大雨が終わってからの快晴!気温も低めで気持ちいい〜!


 ツツミさんも「運を全部使い果たした?」なんていいながら、テクテク歩きました。これからも人生いろいろなわけなので、運気上昇の最初の一歩ということにしておきましょう!笑。いや〜、それにしても雫が盛りだくさんの苔たちに朝陽が入り込んで、キラッキラでした。歩くより撮る方が多かった?笑。


 で、今回はというと、さらに進化してゴープロでも森を激写!ミラーレス、ゴープロ、愛フォンの三刀流でワイワイやりながら歩きました。アクションカメラいいなぁ〜。笑。今までのカメラとは違う新たな視点。僕もそのうち手を出してしまうかも…。


 で、ランド内でも春が加速度的に進んでおります!写真だとちょっとわかりにくいんですが、杉の新芽も絶賛発芽開始!真ん中の三つ葉が杉の赤ちゃんです。


 と、森トーク、人生トーク、写真トークをしつつ、ほぼ貸切の森歩き。これまた写真では伝えにくいんですが、潤い100パーセントのピーカンな環境でして、ただその場にいるだけで、極上空間でした。気持ちよかったなぁ。


 で、本日の核心部でもある天文の森に到着。言わずもがなの森であります。もちろんほぼ貸切。まずは見て、撮って、聴いて、五感を森に委ねました。


 僕の脳内はこんなイメージです。苔がキラキラしていて、まどろんでしまうような…。老眼が進んでピントが合わなくなっているとも解釈できるか?笑。


 と、ちょうどいい時間になったので、ランチタイムに。こんな森を貸切でなんとも贅沢!途中、太忠から帰ってきたおじちゃんが通り過ぎたんですが、「ここでお昼もいいね〜」と捨て台詞を残して通り過ぎて行きました。ほんといい空間だったなぁ。


 で、ランチ後もパシャパシャ。そうです、ゴープロは写真を撮るスタイルも新しい!アクションカメラであります。


 と、いろんな意味で満たされてから、下山開始。長めのルートをチョイスして、テクテク歩き。もちろんランドの中も最高っす。改めていい森だなぁと。今日は半分フォトジェニックガイド的な流れでありました。


 で、最後はさつき河原でコーヒーブレイク。これまた長居してしまいまして、体の中の酸素が全部入れ替わったのではと思えるぐらいでした。それにしても、今日はよく晴れたなぁ〜。


 そんなこんなで無事に下山完了!帰り道もちょっと寄り道しつつ、絶景を楽しみました。サラサラ〜っと青いキャンパスに筆を走らせたような巻雲(けんうん)でして、綺麗でした。


というわけで、新緑から貸切の森、ゴープロ、まったりなどなど、この季節ならではの素晴らしき一日でありました。なんとも贅沢な時間でありました。ツツミさんの運気は使い果たしたという解釈ではなく、運気上昇のスタートということにいたしましょう!笑。

2018年4月17日火曜日

行きはヨイヨイ、帰りはサクサク。

 昨日は、屋久島に何度来たのか、僕も何度目のガイドなのかわからないアケちゃんと一緒に、屋久島がないなんて人生ありえない!(?)な場所へ行ってまいりました。笑。ユルユルのコースでもよかったんですが、そこそこ歩きたいとアケちゃんのリクエストもあったので、まぁまぁ歩くところへ足を運んで来ました。

 で、登山口に着くと仲良しの係りの人が「3度だよ!(気温)」と防寒バッチリでお出迎えしてくれました。里は25度ぐらいまで上がる日も多くなって来たのですが、標高1350メートルはまだまだ寒いっす。それでも歩き始めるといろんな花々が満開でありました。下の写真はシキミです。例年よりいっぱい花をつけてます。


 お次はアセビ。これまた例年の三倍ぐらい花が付いているのでは!今年はいろんな花の大当たり年になりそうです。


 と、我らが淀川にて軽くブレイク。前日がまぁまぁの雨だったので、川底の土も流され、とびっきりの透明度でありました。ちょっとだけ水が多い感じ。まぁ、アケちゃんもこの道を使うのは3〜4度目ですが、朝の癒しタイムでありました。屋久島の自然ってのは一度じゃ足りないだけに、何度来ても癒されますなと。


 で、アケちゃんはというと体力系女子進化中なので(笑)、僕も「ペース遅くない?」なんて言いながら登りました。最近、縄文杉のガイドも少なくなって来ている僕よりも、たぶんアケちゃんの方が体力あると思います。笑。


 と、青空の下をテクテク歩きました。前回、ここに来たときはそれなりに雲が厚かったので、本日は快晴モード!まぁ、おしゃべりの内容は自然解説というよりは、屋久島時事問題的な感じでしたが…。笑。納税者として知っていなくてはならないお話ということで…。笑。


 で、花之江河にてヒキガエルの卵鑑賞。笑。いろんな花が当たり年なのとは関係あるのかないのか、今年の花之江河は卵が非常に多い感じになってます。中には水で流されて歩道に乗り上げているものも。歩道わきで手の届くところにもあったので、ちょっとだけ指で観察。ん〜、透明なゼラチン質の保護膜が美しかったです。笑。


 と、ここからはあまり登山者が行かない歩道に。良い子、初めての子は行っては行けません!笑。誰もいない道のりをテクテク歩きました。ん〜、僕も久々。


 詳細を省きつつ、目的地のでっかい岩に到着っ!さいこ〜!風は冷たかったですが、パノラマでした。


 しばし、まったりしていると、雲がドバ〜〜〜っと押し寄せて来て、通り抜けて行きました。映画のワンシーンみたい。


 と、岩と戯れてから、ランチタイムに。日向ぼっこ的な場所で美味しくいただけました。ランチ後にアケちゃんの差し入れが登場!このサイズの羊羹です。おしゃれな箱に入っていて、しかも、とらや!山に持って行くためだけに発売されたといっても過言ではありません!?美味でした。ありがと〜、アケちゃん。


 で、一通り満喫、満足して下山しようとしたんですが、歩けるアケちゃんだけにまだ時間がある!ってことで、もうちょっと先に進んで30分ほど歩くことに。


 これが運命と申しましょうか、僕も久々に歩く登山道でして(5年ぶりぐらい?)、人の気配がなく、気持ちよすぎるトレッキング…。ついつい時間を忘れて歩き続けてしまいました。だって、良い道なんだもん!といっても、僕でも「ここ道じゃない!」といって戻ったり、「あっちが道!」なんて言って歩いてたので、良い子は歩かないでください!笑。そろそろピンクテープも張り替える必要があるなと。


 と、30分のつもりが1時間以上歩いちゃいました。笑。まぁ、アケちゃんの脚力&体力はよく知っているので、帰りはサクサク作戦で!ちょいと良い汗かきながら歩きました。


 途中、一瞬だけでしたが、霧がかかるシーンも。今日もまたいろんな表情を見せてくれる屋久島の山でありました。


 サクサク作戦なので、一気に歩いて、淀川まで戻り、ブレイクタイム。さすがのアケちゃんでして、通常のコースタイムの半分ぐらいで戻って来ちゃいました!笑。でも、このぐらいがアケちゃんにはちょうど良い?笑。そんな良いペースで歩いたこともあって、淀川ブレイクがより一層癒しの時間でありました。


 ちなみに小屋の気温計は9度!春本番はもうちょっと先かなと。


 というわけで、無事に下山完了!ちょうど良い時間に帰ってこれました。僕も「思わず!」といった流れになりましたが、結果的にそこそこの距離を歩きつつ、お腹いいっぱいになれたかなと。なんともかんとも今日も楽しい一日でありました。

雨と戯れてまりました〜!

 ちょいとブログのアップが遅れてしまいましたが、14日はカナモトさん&イトウくんと一緒に縄文杉へと行ってまいりました。え〜、意外と4月は晴れが多いなぁなんて思っていたんですが、本日はバッチリ大雨予報っ!登山口からして、良い雨降ってましタァ。笑。もちろんこれしきの雨で引き下がるなんてことはありませんので、雨装備を万端にしてレッツ縄文。

 まずは雨の当たらない場所でカメラの下準備を。ちなみにカナモトさん&イトウくんはフルサイズ一眼、コンデジ、アクションカメラ、スマホという4刀流!笑。とりあえず、一眼はリュックで保管して本気シーンのみ。濡れてもいいアクションカメラと防水カメラで歩きました。


 え〜、のっけからトンネルにて雨のカーテン!ん〜、なかなか絵になるなと。笑。大雨が続いているわけではなく、ほどほどに降っているぐらいだったので、川の増水はほとんどありませんでした。濡れた森がいい感じであります。


 カナモトさんも「雨の日なんて歩かないけど、いいっすね〜!」と潤う森の美しさに惚れ惚れしながら歩きました。二人とも自転車をやっているので、遅く歩きすぎると疲れも来るわけで、僕も普段よりちょいと速めのペースで歩きました。それでちょうどいいぐらいでした。


 と、トロッコ道を終了し、山道に突入〜!潤い満点の森でありました。もちろん道中は基本的にアクションカメラ&防水カメラでパシャパシャ。縄文コースの辛いところは、三脚なんかをじっくり据えて写真が撮れないこと…。心のシャッターも切りながら、前進いたしました。笑。


 でもって、ウィルソン株に到着。ここで本日一発目のフルサイズ一眼登場!なんとか結露も防げた感じで、愛の撮影会でありました。途中から、それなりに人が多くなってきたので、帰りも愛を切り取りました。笑。


 午前中に雨が強烈になるかなぁと思っていたんですが、意外と強くはならず、順調な足取りでグングン進みました〜!屋久杉たちにご挨拶して、縄文杉に到着〜〜っ!歓声を上げつつ、ご対面できました。しかも、雨も小康状態の時で、すかさず一眼でパシャパシャ。この瞬間のために重いカメラを持ってきたので、熱い撮影会となりました。笑。


 僕も濡れたレンズを拭き拭きするアシスタントをしたり、傘をさしたりと、楽しい時間でありました。笑。濡れた縄文杉がなんともナイスだったなぁ。


 で、特筆すべきはまさかの貸切展望デッキだったんです!笑。前にも後ろにも登山者はそこそこいたんですが、僕らが写真を撮っている間は広々…。俄然、シャッター回数も増えるってもんであります。


 と、一通り満足いく撮影をしつつ、東屋まで行ってからランチタイムに。ここも僕らが行ったときはまさかの貸切〜っ!まぁ、お弁当を食べている途中からは写真のように満員御礼になりましたが…。笑。混雑状況を見て引き返す登山者もいたので、サッと屋根の下に入れてラッキーでした。今日は何かと良い流れだったなぁと。タイミングってヤツであります。


 そんな感じで、お腹を満たしてから下山開始。実はカナモトさんが「ガラスの膝」とのことで、下山はストックを使い、膝に優しく集中して歩きました。なんとか膝も粉砕されることなく、トロッコ道まで戻って来れました。ほっ。


 帰りのトロッコ道は先頭を交代しながらグングン進みました。自転車をやっているだけあって、まだまだ歩ける体力満々!新緑の若い緑の中を颯爽と駆け抜けました。縄文杉付近はようやく新緑が芽生え始めたところですが、トロッコ道沿いは新緑マックスです!


 ノンストップで屋根のある小杉谷休憩所まで行ってから、ブレイクタイム。ほっと一息つけました。コーヒー旨し!笑。ブレイク中に談笑していたら、普段はほとんど動かない仕事をしていることが発覚!ここまで長い距離を歩くのはお初だったとのことで、登山&トレッキングの素晴らしきデビュー戦?これだけ歩ければ、どこでも行けちゃいます。笑。


 と、大雨の日恒例の安房川増水状況写真です。上が朝の安房川、下が帰りの安房川です。ん〜、なかなかの雨量だったなと。



 小杉谷から登山口までの間は、サクラツツジが満開となっております。例年よりもたくさん咲いております。当たり年!今後、サクラツツジ前線が山を駆け登っていきそうです。


 というわけで、びしょ濡れにはなりましたが、これぞ屋久島って感じでして、笑顔マックスで下山完了!(個人的にはもっと大雨を期待していたんですが。笑)ヤロー三人でワイワイガヤガヤ、楽しき一日でありました。

2018年4月12日木曜日

なんでもありの濃厚な屋久島でした!

 ブログの更新が遅れてしまいましたが、9〜11日と3日間にわたり、ウスイファミリーと一緒に屋久島中を駆け巡って参りました。基本的にはそこまで歩かずして屋久島を体感できるようなコース設定で、ワイワイやってまいりました。

 空港へ着いて、まずは腹ごしらえ。安房方面で早速トビウオを食しました〜。この日はまぁよく晴れておりまして、月に1〜2回ぐらいの大快晴!雲ひとつない天気で屋久島もウスイ家を歓迎ムードでありました。直射日光はなかなか暑いんですが、風は涼しく気持ちよかったです。


 腹ごしらえを完了してから、おしゃべりドライブを楽しみつつ、まずは紀元杉へ。やはり屋久島といえば屋久杉ですんで、ご挨拶であります。笑。里の気温とは打って変わって、ちょいと肌寒いほどでありました。この標高差もまた屋久島を生で感じる体験であります。


 と、急いで帰ることもないので、登山口まで足を伸ばしました。里付近は新緑がマックスなんですが、標高1350メートル付近は新緑がまだスタート直前といった感じです。ちなみに前々日にここは雪が降っておりました。笑。なんとも面白い島であります。


 2日目はゆっくりスタートで、森を体感するスポットを目指しました。お父さんとお母さんが「10分ほどの道のり」で散歩していたらしいのですが、10分どころではなかったとのことで、朝からウォーミングアップ完了でありました。笑。
 千尋の滝の雄大さを感じてから、竜神の滝でも車を止めたのですが、間近で見る新緑が素晴らしすぎでした。僕も10年以上、新緑を愛でていますが、この季節は最高です。うまく表現できないのですが、緑に勢いがあるんです。


 写真だと伝わりにくいんですが、モコモコでブロッコリーでカリフラワーで美味しそうな感じ!笑。よく分からない表現になってしまいますが、見た人にはわかる表現?かなと…。


 橋つながりで、松峯大橋にも寄りました。こちらも新緑モリモリ〜!で、昨日から「タンカン」コールが鳴り響いていたのですが、我が家に残っている最後のタンカンを食してもらいました〜。お店も基本的には売り切れ状態なこの季節。食べてもらえてよかったです。


 そんな「タンカン」な橋を満喫して、近くの八百屋さんの前を通ったら「たんかん」のノボリが立っていたんです。そしたら、まさかまさかのたんかんがまだ残っておりました〜!これまた最後の最後だと思うんですが、すかさずゲット〜!ウスイ家は柑橘大好き家族とのことで、箱買い完了!やった〜!昨日の天気に引き続き、屋久島の女神が微笑んでくれました。


 で、ランチタイムに「首折れサバ」も食べれました〜!揚がらない日の方が多い魚だけに、これまたラッキー!持ってます、ウスイファミリー!笑。
 お腹を満たしてからは、白谷雲水峡へ。短めのコースを頑張りました〜!ゆっくりゆっくり歩いて、森に身を委ねました。言わずもがな、屋久島を体感できました。


 帰り道はあまり段差がない歩道を歩きました。ふと「どれくらい歩いたのかな?」ということで、チカさんがスマホの歩数計をチェック!「1万歩以上歩いたでしょう!」という予想だったんですが、まさかの4千後半…。笑。みんなで大笑いしました。笑。それでも平らな道と山道は全く別物!気分は「1万5千歩」ぐらいでした。笑。


 3日目の朝はお父さんとお母さんの疲れや筋肉痛が心配だったんですが、全く問題なし!素晴らしい〜!逆に屋久島のパワーをもらった感じで、元気いっぱいでした!
 この日はグルっと一周する予定で、お土産などを探しながら、スポット巡り。益救神社で屋久島の神様にもご挨拶できました。ここで交通安全のステッカーもゲット!お父さんのコレクションにしっかりと仲間入りさせてもらえそうです!


 実は前日の白谷雲水峡でイタチに遭遇していたんです。これが何を意味するかというと、このブログでも数回登場していますが「イタチに会った翌日は良い雨降る」という言い伝え。朝、車に乗っている時はチロっとだけ降ったのですが、スポットを巡っている時は暑いぐらいの天気でありました。いなか浜も素晴らしい海の色!イタチ伝説はほどほどだったかな?とこの時思ってしまいました。笑。


 でもって、本日のメインディッシュでもある大川の滝へ。新緑の映える山肌から豪快に流れ落ちる水が相変わらずの迫力でありました。滝からくる涼しい風が体を抜けていくようでした。


 そして、問い合わせの時から「行きたい」と要望のあったジェラート屋の「そらうみ」に到着。ここでイタチ伝説が炸裂〜〜〜!笑。どば〜っっと、「これぞ屋久島の雨でしょ!」という大粒の雨が降ってきました〜!さすがイタチ伝説。笑。やはり屋久島に来たからには雨も感じれないとなと。笑。雨の音と聞いきながら食べるジェラートが最高に美味しかったです!


 ジェラートを食べている間に雨はどんどん強くなって来ました。スマホで雨のレーダーを見たら、まさにピンポイントで降っている状況でした。屋久島の面白さを身をもって体験できた瞬間でもありました。写真は豪雨を見るお父さんの後ろ姿。笑。


 と、駐車場にとめてある車にすら行けないほどの大雨だったんですが、隙を見て車に戻りました。15分も走らせると青空が出てきて、また晴れモードに!天気の変貌も良いスパイスになって、最後のスポットから見る展望が感慨深かったです。笑。旅を締めくくるのにもってこいの展開でありました!


 というわけで、内容盛りだくさんで3日間の旅が終了!新緑が素晴らしすぎる時期に、大快晴に、大雨に、いろんな顔の屋久島を堪能できました。いっぱい食べて、いろんな風景に出会え、濃厚な屋久島旅でありました。